スリランカ紅茶紀行・・・No.5

スリランカ紅茶紀行・・No.5

コロンボに向かう帰路、早朝にバンダラウェラを出発し、

1890年にトーマスリプトンが造ったダンバテンの

紅茶工場(ウバ)を訪れました。

工場に入るとほのかにミントの香り、、、

工場長が少し早いですがすでに季節風が吹き始め

「パンジェンシーの紅茶が出来始めています」とのこと、

久しぶりに「パンジェンシー」の言葉を聞きました。

Pungency(紅茶の鑑定用語で、快い刺激的な渋み、

ウバのクオリィティーシーズンの時に使用される)

~~~~~~

雨は少ないのですが、茶葉の成育はよく、生産量も確保できている

との事です。

もう1週間ほどでシーズンティーになりそうだとのことでした。。。

~~~~~

その後はリプトンバンガローでティーパーティー

出来立てのウバをいただきました。。

~~~~~~

スリランカ紅茶紀行のレポートはこれで終了です。