ヨーロッパ紅茶紀行  No.6 10代目トワイニング氏と再会

10代目トワイニング氏と再会:進化する紅茶!

今回のツアーの終盤・クライマックスはやはり10代目スティーブン・トワイニング氏と面談することでした。

午後二時の約束の時間に合わせ、5分前にストランドの本店の前にバスから降り立ちました。

すると、なんと、店の前の道路で、両手を広げて待ち受けて暮れたのです。。。

感動でした。店内で待っていたのではなくて、しかも、5分前よりもっと前から待っていてくれたのです。

もてなしとは何か、改めて感じました。。。。。。。。。。。。。。

私は身長が170cm、10代目は190cm、以前よりも更に痩せられていて、「ぐっとスマートになった」と言いましたら、「仕事がとてもハードで、父に近づいています」とおっしゃいました。9代目もとてもお元気で、 私に宜しくとのメッセージも頂きました。

私だけでなく、全員と握手、そして、サイン会、ツーショットの撮影、そのたびにこの笑顔です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後に私が聞いた未來に向けての紅茶です。

「トワイニングはここ数年で更に、世界への輸出が伸び、現在は115カ国となった。

紅茶は健康によいことが世界中で認識され、安全な飲み物としてさらに伸びるだろう。

誰でも飲めると言うことがすばらしい」

また、数年後にお会いします!ひょっとして11代目トワイニング氏にも私はお目にかかるチャンスがあるかもです。

すると、3代に亘ってトワイニング家の歴史に触れることが出来るかもしれません。

私の夢です! ストランドのトワイニング本店10代目トワイニング氏とトワイニング氏の話に熱中です「紅茶レジェンド」を贈呈・トワイニングの歴史を書いています入り口です・・・何度訪問したことか・・・・