ジェームス・テーラーの生まれた村から手紙

ジェームス・テーラーの生まれた村から手紙



スコットランドのキンカーデンシャ、オーチェンブル(Auchenblae),は

1835年にジェームス・テーラーが生まれ、16歳まで生活していたところです。

私が「紅茶の国・紅茶の旅」(筑摩書房)の取材で初めて行った所です。

その時に、立ち寄ったパブのオーナーから手紙をもらいました。

実は昨年末に、テーラーの資料を欲しいとの話があり、私の集めた物を

送っていたのです。

小さな村ですが、村史の中で、テーラーを取り上げたようです。

一度しか行っていないのですが、今も景色や、テーラーの住んでいた跡地など、

鮮明に覚えています。。

やっと探し当てた村でしたので、想い一入です。


時が過ぎて、でも、まだ覚えていてくれて、とても嬉しいです!