インド紅茶紀行・・・最終

インド紅茶紀行・・最終 ジュンパナ茶園・茶園でランチ ~~~~~~~ 昨夜、二日間の広島から帰ってきました。 広島の皆さん~、温かい言葉沢山いただき有難うございました! ~~~~~~ 今回のインド、アッサム~ダージリンツアーの写真報告も今回で 終了です。 ツアーに参加くださった方々、サンデーティータイムにもお越し頂き、 有難うございました。。また、紅茶の旅ご一緒しましょう~ 最終はダージリンのジュンパナ茶園です。沢山ある茶園の中で 私が唯一、十数年間づっと見つめてきた茶園です。それは茶園ではなく、 工場長のムドガルさん、茶摘さんたち、工場で働く人たち、 そして、オーナーのシャンティヌさんです。 今回、シャンティヌさんがホテルのディナーに来てくれて、みんなに 言った言葉が印象的でした。 世界一の品質を作り出せているのは、私でなく働いているスタッフの おかげです。私はデリーに住んでいますが、1st、2nd,オータムナル の紅茶のときは1ヶ月、時には3ヶ月、工場に泊り込みます。。 寒く、初夏にはムカデやさそり、害虫もでたり、TVも娯楽もなく 紅茶と向き合って過ごします。 でも、みんなと一緒です! 茶葉は自然が作り出しますが、味と香りと水色は人の力です。 今年は北アメリカの品評会でセカンドフラッシュが世界一になりました。 ジュンパナのみんなの笑顔がこの賞の証です。。 スターティングオータムナルの鑑定。 その後は工場でのティータイム グームティーのバンガロウーに戻ると、手作りのカレーランチが 待っていました。。 腹ペコー、おいしい! そして、ジュンパナの紅茶もたっぷりといただいて、これぞ ダージリンです。。。