アッサム紅茶紀行・・・・No.1

アッサム紅茶紀行 ・・・No.1 「紅茶を授けた民族」 2月23日、土曜日のエアーインディアで一路ニューディーに到着。 気温は25度Cでとても涼しい感じです。(でも日本は8度C) 翌日、デリィーからアッサムのディブルガルに飛行機で移動。 ディブルガルは地図の右上の方(ミャンマー寄り)です。 急に気温が高くなって、31度Cでした。 ここでアッサムのガイドをしてくれるのがカナックさん。まだ独身です。 彼は前回(2011年)のツアーの時もみんなの人気者でした。 来年結婚するそうです。 昼食後、ディブルガルの茶園を見に行きましたが、まだ今年の 初摘みは始まっていません。 2週間後くらいからファーストフラッシュが始まるとのこと・・・ 見渡す限りのフラットな茶園です。・・・・ ディブイルガルの空港に出迎えてくれ、これからシンポー族の 村に行くまで、一緒に行動をしてくれるのが2年前に会った シャンゴウリさん。 「紅茶の世界史」(朝日新聞出版新書)でも紹介したシンポー族の 副族長の家系の人です。 「本当に、よく来たね~、日本人は約束守る」 額に汗を浮かべて抱きしめてくれました。 なんか四国の田舎に帰ったみたいです。・・・・!