スリランカではどこへ行っても甘いミルクティー


紅茶専門店ディンブラではミルクティーといえばUVAやRUHUNAの茶葉を使っています。しかし、スリランカの色々な茶園工場やカフェへ行きましたが、どこの地域の紅茶もミルクティーでした。




お砂糖は1杯ではなく2杯(笑)


日本ではお砂糖は入れたことがなかったので、最初は抵抗があったけれど、ミルクティーにはお砂糖を入れると別の美味しさがあることに気づきました。



甘いミルクティー、疲れがとれてとっても美味しいですね。暑いスリランカだから?


日本の夏にも良いなと思ったり…


ブラックティーで飲んでみると日本ではまず飲むことの出来ないくらいの味の濃さでした(笑)


これくらいの濃さなら毎回ミルク入れたくなるのも分かる気がします(*´∇`*)



コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。