2月21日父が亡くなって3年、、、

こんばんは

2月21日で父 磯淵猛が亡くなって3年が経ちます。

 

まだどこかから歩いて出てきそうなくらい現実味のない事実です。

父が亡くなって、翌年から新型コロナウイルスの流行が今でも続いていて、私自身もお墓参りに行けていません。

今、父のいる小さな島に行ってしまったら迷惑にしかならないですしね。

お寺さんとお電話しました。

小さい頃からお寺さんにはお世話になっていたので、お電話口で声を聞いただけで安心して涙が出てしまいそうになりました。

そこで磯淵家のお墓を管理している私とお寺さんからのお願いです。

お寺は磯淵家だけのものではありません。島の方の静かな生活があります。コロナ禍で都会からウイルスを運ぶことは大変ご迷惑になります。

本当はこんなことを書きたくありませんでしたが、どこからか父のお墓の住所が流れてしまったようです。

とても残念なことですが、父が生きていたら地元の方へご迷惑をおかけするようなことを嫌がります。

 

 

父は自分の大切にしているものを触られたり、動かしたりされることをとても嫌がっていました。

生きている間はとても忙しくしていたので、もう父は遠い空の上でゆっくりさせてあげたいです。

お墓に足を運ばなくとも、ただ想うだけでも供養になるとお寺さんが仰っていました。

 

コロナウイルス収束後もお墓参りなどご遠慮くださるよう宜しくお願い致します。

 

昨日からお店の1番前の席に父を座らせてあげています(´∀`)

父の大好物だったエビスビールを頂いたのでお供えしたら、写真の中の父の顔が明るくなったように感じます。

紅茶もお供えしておりますが、父が本当に好きだったのはエビスビールでした笑

誰にもいうんじゃないよ!と言われてましたがもう時効ですね!

それでは遅い時間に失礼しましたm(*_ _)m 

 

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。