紅茶のテイスティングと私の感覚過敏

 

最近では紅茶を輸入するとき、何度も何度もテイスティングをします。当たり前の話しですが。

 

実は、張り切ってUVA(ウバ)のクウォリティーシーズンを狙っていました。

いくつかの茶園のUVA(ウバ)茶をテイスティングしてみたのですが、メンソールをキツく感じて頭痛が起き体が拒否しました。

 

 ハッキリ言ってしまうと、ウバに限ってはクウォリティーの物を輸入しても、店内で淹れてお客様にお出しする事ができないと判断して今年はやめました。

たぶんなのですが、オーダーが入ってポットにお湯を注ぐ間に体調を崩してしまうと予想したのです。

えー?なにそれ!と思われそうですが、感覚過敏とはそういうことなのです^_^

 

私は感覚過敏という体の特徴を持って生まれてしまいました。以前も少しお話ししたと思いますが、とても生きづらい事も多いです。香りだけではなく、靴下の感覚もとても気持ちが悪く感じたりします。

紅茶の香りはとても繊細なので、以前の店のメニューにあったスープカレーもご提供する事ができません。紅茶の香りがスパイスによって分からなくなってしまうからです。とは言ってもカレーは大好物です(*´-`)

 

 昨年からスリランカの天気が良くないです。雨がずっと続いて、先日は洪水で死者も出てしまいましたね。

数日晴れると美味しい紅茶ができますが、ずっと雨が続いているので困りました。

 

しかし、ウバがないのも寂しいのでスリランカの工場で作ってもらう事にしました。1回目は少し渋みが強かったので、少し渋みを弱くして作ってもらっています。どんなウバになるか楽しみです。

あと、私はルフナ(サバラガムア)がとても好きなので、今回は2種類入る予定です!また入荷したら、ブログでお知らせさせていただきます。

紅茶だけではありませんが、人それぞれの好みがあります。どれが良い悪いということは言うべきではありません。

ただ、その時の状況にあわせて納得できる紅茶をこれからも輸入していきたいと思います。

年明けにはディンブラの良い季節が近づいてきますね!スリランカのお天気が良くなりますよう祈るばかりです。

 

コロナ感染対策も引き続き宜しくお願い致します。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。