【2021年1月輸入】ディンブラ(100g/袋入り)
【2021年1月輸入】ディンブラ(100g/袋入り)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【2021年1月輸入】ディンブラ(100g/袋入り)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【2021年1月輸入】ディンブラ(100g/袋入り)

【2021年1月輸入】ディンブラ(100g/袋入り)

販売元
DIMBULA ONLINE SHOP
通常価格
¥1,400
販売価格
¥1,400
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

※こちらのディンブラは【2021年1月輸入】の茶葉です。5月輸入クオリティーシーズンの茶葉もございますのでお間違いのないようご確認ください。

 

★★鑑定コメント★★                             鼻から口に抜ける青々とした新茶ならではのさわやかな風味になっています。春を感じさせてくれます。水色はオレンジがかる赤色で、冷めても濁りづらいものです。ストレートティーで飲むのがおススメです。 (2021/1輸入)

100g/袋入り


茶葉の形状:BOP
蒸らす時間:3〜4分
楽しみ方:ブラックティー、ミルクティー、ブレンドティー

 

紅茶本来の味を楽しむのに最適な茶葉。高地栽培にしては渋みが少なく、マイルドで飲みやすい。バラの花のような甘い香り。水色は深いオレンジ系の赤色。




ディンブラ
スリランカ中央山岳地帯の南西部にあるディンブラ地方は、ミドル・グロウンからハイ・グロウンにかけた、標高1,200メートルの区間に茶園が広がります。
ディンブラでは、1〜2月に吹く季節風が山岳地帯にあたり、乾いた風を運びます。この時季がクオリティーシーズンになり、茶葉に強い渋みとバラのようなフラワリーな香りをつけるのです。それ以外の時季は年間を通じて茶葉の変質はみられず、味わいにブレのない安定した品質の茶葉が楽しめます。
ディンブラの茶葉はダージリン茶のような強い香りもなければ、アッサム茶のような濃厚さもありません。個性という点では他の茶葉に負けてしまいますが、オーソドックスな味わいこそがディンブラ茶の最大の魅力です。
スッと喉元を通り過ぎる爽やかな渋みとマイルドな味わい、ほんのりとしたフラワリーな香り、オレンジがかった深い赤色の水色。味、香り、水色共に三拍子そろっていて飲みやすく、フルボディーの紅茶として高い人気を得ています。
ブラックティーでマイルドな紅茶の味わいを堪能したり、ブレンドやバリエーションティーに使用したり、ミルクティーで美しいクリームブラウンの水色を楽しんだりと、とても使い勝手のよい茶葉です。